「どちらが正しいの?」

どのヨガクラスの中でも必ず行う【アップワード・フェイシングドッグ】のポーズ!
「腕の肘を曲げたままで良いのか、掌で床を押してグッと肘を伸ばすのが正しいのかよく分からないんですぅ・・・。」と今朝のベーシックヨーガクラス終了後、質問を頂きました! 
        「What a nice question!!」
皆さんの中にも「そうそう、私も気になってたの!」という方の為にちょこっとレクチャー!

e0094325_19395820.jpg【ブジャンガアサナ】

<動作>チャトゥランガ・ダンダアサナ(腕立て姿勢から両肘を曲げるポーズ)から胸を床に下ろし、足指を伸ばして甲を床につけ、恥骨を床につけたまま上体を起こし腰の力を使って胸を開く。恥骨から(腿・膝・脛・足の甲)足指までが床に着いている状態。
<注意>腕の力に頼らないよう肩を腰に近づけ腰を引き締める。


e0094325_19404230.jpg【ウールドヴァ・ムカ・シュヴァーナアサナ】

<動作>チャトゥランガ・ダンダアサナから上体を前にスライドし立てていた足指を返して第2関節までを床につけ、両肘を伸ばしながら胸を開く。恥骨から(腿・膝・脛)足の甲は床から離れている。<注意>床に着いているのは両足指と両掌のみで身体を支える。


※要するに、肘の屈伸という違いのほかに下半身の意識が必要になり強度も違ってきます。腰の弱い方は上の【ブジャンガアサナ】を行うことで腰を必要以上に反ろうとする腕の働きから腰を守ることが出来ます。腰に心配のない方は【ウールドヴァ・ムカ・シュヴァーナアサナ】で肘を伸ばし下半身を浮上させることでより腰を強くする効果があります。

ご自分の身体の調子にあわせこれらを上手くチョイスし、スリア・ナマスカーラ(太陽礼拝)の流れに取り込む事をお勧めします!クラスの先生によっては違った説明になるかもしれませんが、流れを覚えている方はその中で自分バージョンを取り込むスタイル、コレこそが”NYスタイル”なのです☆

「スッキリ~?」(伝わりましたでしょうか?)
もし、まだ説明不足な点がありましたら是非スタジオでお気軽に声を掛けてください!
[PR]
by lohastyle | 2006-09-30 19:41 | ヨガ