お彼岸

 彼岸とは春分の日と秋分の日の前3日と後3日の間の7日間
(春・秋分も含み)のこと。暦の上では雑節の中に入るとか・・・。
e0094325_15425272.jpg春分(秋分)の3日前の日を「彼岸の入り」と言い、3日後を
「彼岸の明け」と言い、春分・秋分は、その中間に位置します
ので、「彼岸の中日」と呼ばれるのです。
この彼岸は、仏教行事であるのですが、日本独特の行事で
他の仏教国には無いものだそうです。ちなみに、「彼岸」とだけ
言った場合、これは春の彼岸を指し、秋の彼岸は「秋彼岸」
または「後の彼岸」と言うのが本当だそうです。
昔から、彼岸には先祖の霊を敬い墓参りをする風習があります。

 子供の頃から親から教わってなんとな~く知っていた習慣も
ちゃんと調べると初めて知ることもしばしば、歳を重ねるほどに
その意味合いや大切さを感じます。

※明日は春分の日の祭日により
       LOHAStyleスタジオは休館になります。 
[PR]
by lohastyle | 2006-03-20 08:52 | 季節