ひとり調理実習

e0094325_2037029.jpg

今日から三連休!という人も多い週末・・・
気がつくと、この三連休に何の予定もなかったワタシ。
カレンダーには今夜「忘年会!」と夫が記してあるし015.gif
ということは!?晩ご飯の支度もお呼びでないということ??

あちゃ〜
気付かないフリをしてた薬膳の勉強するしかない??008.gif
で、今夜はジブンの為の薬膳晩ご飯に挑むことにしました034.gif
丁度良い題材があるので・・・

昨日、今年最後のマタニティヨガで井原に向かったついでに
福山の頼れる鍼灸サロンに寄り、伸び伸びだったメンテナンスを受けると
脾胃が弱ってると言われちゃいました。
昨年悩まされたむくみやその他の症状はほぼ改善され
デトックスも良好!ワタシ的にはかなり調子の良いコンディションで
臨んだつもりでしたが、口の周りに小さな吹き出物もあったし
バッチリ指摘されちゃいました008.gif
まっ、完璧なコンディションの時などほとんどないので
どこかしら、何かあるのは仕方ないんですけどね037.gif


e0094325_20373544.jpg

最近、“気”が高ぶってる〜っ!て言ってたでしょ!!
それ、やっぱり当たってたんですよね〜。
チェックシートで最近の体質を診てもらうと【脾土タイプ】となり
五行の相関で診ると「脾」は「肝」の相克にあるため、
「肝」が強くなりすぎると「脾」がやられてしまって弱るんです。
「脾」の経絡は口の周りを走っているので、吹き出物が出ていたのは
その勢という訳・・・。

そう言えば、最近カリカリすることが良くあったし・・・
ここ最近の寒さにもコート不要なほど熱いヤツだったかも012.gif
なんて、信頼できる針灸師からのコメントはやけにすんなり
受け入れるタイプのようです。

e0094325_2037130.jpg

とは言っても、まだまだ薬膳は学び始め・・・
中医薬膳指導員の講座のテキストでとても便利な「食物性味表」を
参考に、冷蔵庫にあるものを使って献立を考えてみました。

薬膳では「弁証施膳」と言って、病理状態を論じて薬膳料理を考える
ということが最終目的ですが、この病理状態の見極めがまだまだ・・・
なので、今夜の献立はシンプルに脾を元気にすることのみに着眼し
(本当はコレだけじゃダメ)この「食物性味表」の“健脾”を頼りに
献立し、料理を作ってみました。

e0094325_20395221.jpg

じゃーん!!
このタイプには“甘味”を摂ると良しとされています。
味には、酸味・苦味・甘味・辛味・鹹味(塩っぱい)と五味があり
砂糖の甘味ではなく、食材自体に甘味があるものが影響されると
考えられています。

献立は、
にんじんご飯
ごぼうとレンコンのスープ
葱のにんにく醤油焼き
ブリと小かぶの甘酒煮
青森りんご

料理を作ることで、参考書を引きインプットして行く
実践タイプのワタシはこれが一番記憶に残る!
そして、こうやってBlogに正しく書くことは面倒な作業ですが、
間違い探しをしながらタイプすることで
また脳に刻まれてくれるはず034.gif

今はまだこんな感じですが、スラスラと弁証できるようになるよう
もっともっと叩き込まねば!!!
明日明後日もヒマなので頑張るーっ037.gif


益々冷え込んできましたので、
皆さま風邪など引かれませんように
楽しいクリスマスを〜〜〜??060.gif
[PR]
by lohastyle | 2013-12-21 20:33 | 薬膳を学ぶ