カフェ エルグレコ

e0094325_1823922.jpg

大原美術館隣にある喫茶店。
大正時代の建築で、もとは大原家の事務所だったものを
喫茶店にしたのだそう…。

お天気の良い昼下がり、
お世話になった主人の恩人から
水墨画の作品展を催すとの案内を受け
倉敷に来たついでに美観地区を散策し
ここでコーヒーを飲むことにした。

お店をすっぽりと包むように生い茂った蔦
その沢山の葉が風に揺れて、
窓の外から手を降るように見える
面白くて写した写真。

逆光でモノトーンな写真は
明るく解放的な店内とは全く違った、
予想外なものだった。



最近、そんな予想外な結果を素直に受け入れ
楽しむことを知った。

赤だと思ったものが、緑だったり
明るいと思ったことが、暗かったり
ダメか…と思ったことが、OKだったり
辛いと思ったものが、甘かったり
遠いと思ったものが、近かったり

そうすると、
思いもしなかった新しい道が発見できて、
楽しかったりする。

執着からの解放は柔軟で自由な生き方へと繋がり
辛い時も楽しい時にも、新たな道を切り開いてくれる。



別に、今思い悩んでいる訳ではないのですが、
最近そういうシーンに出会すことが度々あって…

健康ってことなんですかね?
[PR]
by lohastyle | 2012-11-07 18:20 | ココロ&カラダ